ファームウェア言語変換

Z80やH8等、古い8BitCPUは「アセンブラ言語」で書かれた場合が多くあります

「アセンブラ言語」は現在はあまり使われなくなっており、エンジニアでもファームウエアのメンテナンスができず、お困りの方もいられると思います。

 

東和電子では、社内技術者のよる、ファームウェア言語の変換サービスを行っています。

アセンブラで書かれたZ80CPUをC言語に変換

FPGAの回路、プログラミングのアウトソーシング

その他、ご相談に応じますので、お問い合わせください。